2013年12月12日

巻き爪のデメリットと矯正

巻き爪のデメリットに関してですが、行動力が落ちる為に早く直したいですね。

では巻き爪の矯正中の足下に関しては、どんなデメリットがありますか?

使用する用具ないもよりますが、
従来のワイヤー法などですと爪先などが気になることはあるでしょう。

中には、靴を履く際につま先を見せるファッション性のある靴が
履きにくいという意見を聞いたこともあります。

ただ、巻き爪をいつまでも放置するよりは格段に良い結果が出てきます。
早めに治療した方が、痛みや化膿をごまかすより、良いと思います。

ワイヤーなどだと多少の痛みを伴う治療方法もありますので、
医師などとの相談を十分にしなくてはこれがデメリットになる可能性はあります。

痛いままでは日常生活が困難にもなりますので、
そのアプローチ方法を慎重に検討しなくてはいけませんね。

ただ、ここでご紹介している「巻き爪ブロック」はそうした手間も必要ありません。
自分で気軽に治療を始めることが出来ます。

しかも、痛い足の親指につけた瞬間から、その痛みが軽減されてしまいます。

即ち、痛みを和らげながら、治療が同時に行えるというわけです。
これを考えた人はすごいですね。

つまし、デメリットとして考えられることは非常に少ない方わけで、
それが不安だというのなら、信頼の出来る病院など施術を受けて下さい。

まずは、巻き爪解消が最優先です。

但し、あまり症例数をこなしていない医師や治療院などでは、
かえって爪の変形を起こすことも予測できますので、
経験豊富な方に矯正をしてもらうようにした方が良いですね。

経験の浅い施術者の治療は、デメリットとしてカウントすることになります。

人に治療を任せるというなら、評判などの確認も大事なことです。



⇒ 巻き爪 治療 名古屋
posted by 爪子 at 10:15| 巻き爪のデメリット